修景の噴水

都市のなかにあっても、自然のなかにあっても。
水のさまざまな躍動のかたちを視たり、
心にしみる音を聴いたりすると、
人はやすらかな思いにつつまれます。
海からうまれたという遠い記憶を呼びさまされるからでしょうか。


フロート・バッキ・高射噴水

競泳用プール

構造物をつくるのが難しかった
湖沼や河川・海に噴水をつくる…、と言うコンセプトです。
またひとつ、噴水が人に近づきました。

親水公園・モニュメント噴水

“水と親しむ”という目的からプランニングがスタート。
水のあるところには、人が集まります。
公共の広場だからこそ、憩いのメディアとして
水の重要性もましてきます。

水のパフォーマンスと金属や石による造形との二重奏。
異なる素材がひとつにとけあって、
新しい調和美をつくりだすアート噴水です。
それぞれの特徴がより魅惑的に印象づけられます。


流れ・池

自然の滝やカスケードを視るよろこびを、
都会や街角で再現します。
ゆるやかに流れる水には、噴水とまたちがった
趣が発見できるでしょう。


▲このページの先頭へ