水路の漏水・延命処置・恒久対策には「Vシート工法」

■農業土木・水路への転用

農用水路での躯体延命及び漏水箇所の防水においては一般防水材の施工条件とする完全乾燥が第一条件であるのに対し逆に湿潤下地を第一条件とする「Vシート工法」は水路と言う過酷な条件下でも施工できる数少ない防水工法と言え、建築防水の長年の施工実績をふまえ建築防水と全く同じ材料、工法、工程で施工を行う事で同等の品質を提供でき、一部業界からは新技術・新工法と評される事もありますが弊社としては成熟した工法と考えております。


Vシートの両面は無方向にビニロン繊維が特殊技術で植毛されています。セメントペーストのセメント成分がビニロン繊維に吸収され固まって接着となりその強度は1c㎡/14kg。
例えその隙間に水分が入っても溶剤系接着剤のように犯される要素が何も無いからです。


接着に使われるセメントペーストは強度的には大変弱く過乾燥では耐えられません。しかし表面は防水シートで乾燥や外気、紫外線を遮断しておりセメントペーストは躯体より常に水分を補給しセメント本来の最適な環境を保ちVシートを長期に渡り保存し続けます。

Vシート工法はセメントペーストでの全面密着工法です。何らかの外的要因で一部が損傷・破損してもそこからどんどん損傷が広がる事はありません。水分が入っても剥がれる事はありません。


目地補修工程

高圧洗浄 Vシートコート塗布
プライマー塗布 保護材塗布
Vシート敷設 完 成
 

施工実績(目地補修)

施工前
施工後

施工前
施工後

施工前
施工後

施工実績(全面補修)

施工前
施工後

施工前
施工後

施工前
施工後

施工前
施工後

施工前
施工後

▲このページの先頭へ